フォト

12月5日姪浜愛宕神社の火渡り

  • Img_1666
    2012年12月5日に姪浜の愛宕神社で恒例の「火渡し」がありました。 その時の模様です。

2015年住吉神社の玉せせり祭

  • Img_0755_800x600
    2015年1月3日の住吉神社の「玉競り祭」です。

2016年の住吉神社玉せせり

  • Img_1253
    2016年1月3日姪浜住吉神社の玉せせりがありました。

愛宕山への道

  • 06120029meihama
    12月上旬に愛宕山に登った時の写真類です。

福岡西弓道場の紹介

  • 弓道場
    福岡西弓道クラブはその本拠を西体育館に置いているが、その道場の紹介です。
無料ブログはココログ

« 2019年8月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月30日 (木)

昔は、姪浜の海岸

20181040_20200130160701

1、名柄川の湾...マリナ大橋の上から左を丸隈山(毘沙門天)にして、前方は現在ではマリノアシテイですが埋め立て前当時は姪浜海岸(おこめの浜)になります。

   Img_0033_20200130155801

上記写真の位置から前方に歩いていくと、道路の左側にこんもりとした林の中に「1982年までの海岸線」という標識があります。

  こんもりとした林
Img_0034_20200130160201

  標識  
Img_0035_20200130160201

当時の海岸の護岸左隅に小さく見えます  
Img_0036_20200130160201

2、元寇防塁跡 

 あこめの浜と塩入池の中ほどに元寇防塁があります。

 現在では土に埋もれて石垣はなく公園化して元寇防塁の標識が立っています。

Img_0041_20200130161001    Img_0039_20200130161101

Img_0040_20200130161101    Img_0065_20200130161101

 

2020年1月25日 (土)

姪浜の手書きの古い地図!!

前頁でもアップしましたが姪浜一帯の古い手書き地図です。

201810

1、地図中央上の方に「早良炭鉱」があります。海岸には二坑桟橋も書かれています。

  早良炭鉱(姪浜炭鉱)は大正3年(1962年)から採炭が始まり年間約20万トンを出炭し最盛期には約8000人の炭鉱労働者が働いていたといわれています。

  炭鉱としては小さい方ですが良質な石炭で軍事用でも重宝されて繁栄していたといわれています。

  閉山後は、早良病院・姪浜自動車教習所・小戸ゴルフセンターそして愛宕浜幼稚園や老人施設などを経営社名も「サワライズ」となっています。

2、右の中ほどに埋め立て前の姪の浜があります。(あくまの浜と書いていますがあくめの浜が本位だったと思います。ただ正確にはあこめだと思います。)

 伝説では、神功皇后の三韓征伐(朝鮮)の帰途に着ていた「衵=(あこめ)」を干したとされた場所で、あこめの浜が変形して「姪の浜」の地名になったといわれています。

 漁師家が並び海辺には小さな漁船が係留されています。海苔の養殖も盛んで良質なものであったといわれています。

 左には第一抗のボタ山が見えますがこの後は愛宕浜・豊浜になります。

 3050

 埋め立て直前のあこめの浜です、埋め立てられて小山の左側に「マリナ大橋」が通り左側には「マリナシティ」が広がります。

 Photo_20200125103101

 ズーっと下がって砲台跡のある中隈山あたり(ボタ山の上からか!!)から埋め立て前のあこめの浜方面です。

 この当時はまだしっかりとした丸隈山(毘沙門天あり)が見えて、集落の先にはまだ小戸の塩入り池が望めます。

 この丸隈山は姪浜石(砂岩)として重宝されて削り取られて現在では規模小となっていて本当の小山状態です。

 201810_20200125102701

 説明写真です。

 20201_20200125115301

 この写真は、埋め立て前でいえば丸隈山(毘沙門天)の下(浜).....から、めいの浜の岸部あたりを撮影したようにもので、右側がすべて海岸です。

 今では道路がありその右側一帯がマリノアシテイです。

 前方のこんもりした林の中に海岸線の標識があります。

Img_0033_20200125111501

このあたり一帯が元海岸線になります。

Img_0034_20200125111501

1982年までの海岸線標識です。

Img_0035_20200125111501

護岸の遺構です。左端に埋め立後もそのままになっている護岸が見えます。

Img_0036_20200125111501  

 

2020年1月18日 (土)

小戸公園!!

令和2年に入り久しぶりに小戸公園に行ってきました。

Img_20200105_102156 Img_20200105_101839

小戸公園に入ると左側に市のヨットハーバー、手前に海岸その先に「御膳立」といわれていたところ、そして妙見神社がある妙見岬があります。

ここの海岸(岸辺)の波は、どこにでもある寄せては返す海岸の波でなくて、スーッと寄せてくるだけの波で「片男波ケ浜(かたおなみがはま)」とも言われているようです。

小戸公園を中心とする上空からの地図です。

20201

埋め立て直後の様子です。

20181020_20200118161801 

埋め立て前の航空写真....昭和30年代ごろ...約60数年前です。

20181020_20200118164001

同じ時代の手書き地図です。

20181020

 

2020年1月 5日 (日)

住吉神社の玉競り

1月3日の玉せせりアップです。

姪浜街中(急町名網屋町)の練り進みです。

 Img_0023 Img_0024_20200104114701  Img_0025

Img_0026 Img_0027 Img_0028_20200104114801

Img_0029_20200104114801 Img_0030_20200104114901 Img_0031_20200104114901

神社境内の玉競り

Img_0032_20200104114901 Img_0033_20200104115001 Img_0034_20200104115001

Img_0035_20200104115001 Img_0037_20200104115101 Img_0038_20200104115101

Img_0039_20200104081101 Img_0040_20200104115201 Img_0041_20200104115201

最後のせせり(奪い合い)

Img_0042 Img_0043 Img_0044

Img_0045 Img_0046

競り玉が顔出しました。

Img_0047 

マダマダです。

Img_0048  Img_0049  Img_0050

ようやく壇上に!!

Img_0051  Img_0052  Img_0053  

Img_0054 Img_0054  Img_0055

祝いめでたの大合唱

Img_0056  Img_0057  Img_0058

Img_0059  Img_0060  Img_0061  

Img_0062  Img_0063  Img_0064

Img_0065

万歳三唱でめでためでた でした。

Img_0066  

2020年1月 4日 (土)

2020年令和に入り初めての住吉神社の玉競り

2020年(令和2年)の1月3日姪浜住吉神社の「玉競り」がありました。

好天にも恵まれて神社は人だかり最後は境内に集まる人全体での祝いめでたと万歳でした。

とりあえず1件のみの写真アップです。

Img_0039_20200104081101

« 2019年8月 | トップページ | 2020年2月 »

最近の写真

  • 30_20200618154001
  • Img_20200202_105448
  • Img_20200208_103543
  • Img_20200208_103546
  • Img_20200514_103859
  • Img_20200514_103917
  • Img_20200514_104033
  • Img_20200514_104122
  • Img_20200514_104140
  • Img_20200514_104151
  • 2020521
  • Img_20200514_102701