フォト

12月5日姪浜愛宕神社の火渡り

  • Img_1666
    2012年12月5日に姪浜の愛宕神社で恒例の「火渡し」がありました。 その時の模様です。

2015年住吉神社の玉せせり祭

  • Img_0755_800x600
    2015年1月3日の住吉神社の「玉競り祭」です。

2016年の住吉神社玉せせり

  • Img_1253
    2016年1月3日姪浜住吉神社の玉せせりがありました。

愛宕山への道

  • 06120029meihama
    12月上旬に愛宕山に登った時の写真類です。

福岡西弓道場の紹介

  • 弓道場
    福岡西弓道クラブはその本拠を西体育館に置いているが、その道場の紹介です。
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月26日 (木)

五島山から小戸方面を望んだ昭和19年の写真

五島山とは現在の姪浜駅南のちょうど姪浜中央公園あたりです。

五島山は五塔山・御塔山とも表現されていており、
古墳や石棺があって鎌倉時代の北条氏などの墳墓だったとの記録です。
現在では墳墓などは探題塚(現在の姪浜小之横にある小山)
などに移されて、この地は小山を削られ公園などになっています。

昭和19年の写真....1944年で太平洋戦争の敗戦の前年
この時に終戦にしておけばあの忌まわしい原爆もなく
連合軍に追い込まれて天皇陛下バンザイで無謀な死に方もせず
死傷者も少なかったのに。
そんな時代です。

軍部上層部では敗戦濃いとわかっていたであろうに、
ほとんどの国民は勝利を信じて踊らされ
そんな時代です。

この姪浜でも早良炭鉱の良質の石炭を掘れや掘れや !
軍艦などの燃料として勝利を信じ込まされて
そんな時代です。

昭和30年代の航空写真をみると上空からはハート型の小山です。

その五島山から西方を望んだ写真です。

右端に興徳寺山

左の方に生き松原、さらに遠方うっすらと今津毘沙門天山が見えます。

さらに左から右中央に国鉄筑肥線.....右100mほどに姪浜えきがあります。

企画整理されているのは水田か?
記録では姪浜塩として有名だったという塩田は名柄川の南側であったので.....。

70

2020年3月23日 (月)

昭和30年代ボタ山からみた当時の姪浜市街!!

昭和30年(1955年)代の本坑ボタ山から見た姪浜石の石切り場....の写真です。

右下端には埋め立て前の海岸が見えます。
この海岸線には防護岸がありますが、現在のマリナ通りにある
ベスト電器・グッディーの境界にはその護岸がそのまま残っています。

中央の白いむき出しの石切り場の手前には、
当時は路面電車道の方向に小さなトンネルがあったようです。
  (現在の姪浜ドライビングスクール会社からマリナタウンへの道路)

20203

この石切りぎ場はその後も切り出されて低い丘に変容し
マンションや施設などの建設が進んでいます。

切り出された後の道路の右側には現在の「老人ホーム」「早良病院」があり、
姪浜ドライビングスクールも含めて早良炭鉱の閉山後の「サワライズ」会社に引き継がれているのです。

その先に見えるのは興徳寺山そして生の松原そして長垂山が見えます。

左上には高祖山、右側遠方にうっすらと今津の毘沙門山があります。

30_20200323165301 

 

2020年3月16日 (月)

昭和30年代の姪浜街の写真

先の記事...昭和8年のその後20数年後の愛宕山西の竹の山からの写真です。

20数年後の姪浜には旧市街地から南に(姪浜駅方面)に住宅が広がっているのがわかります。
また左手前から右に明治通り(旧唐津街道...電車道)の道路が見えます。

1、左端手前に姪浜自動車教習所=現在の姪浜ドライビングスクールの用地があります。
  この数年後の昭和37年に開場です。

  手前の電車道は、大正時代に西新姪浜間が開通し60年間弱の1979年(昭和54年)迄運転された路面電車道です。
 この辺りに「竹の山」電停があった記録があります。

2、上方遠くに長垂山、生の松原があります。
  その手前中央こんもりした興徳寺がある興徳寺山です。

3、右に小戸その遠方に今津の毘沙門山です。

4、右中央に探題塚そして後々の姪浜小用地です。
  その手前を右に行くと現在のマリナタウン方向です。

8a3

2020年3月13日 (金)

愛宕山の竹の山からの五島山方面

昭和30年代愛宕山の西側「竹の山」から五島山方面の撮影です。
五島山とは御塔山との記録がありますが古墳もあった場所で現在の姪浜中央公園です。

左側に姪浜自動車教習所...現在の姪浜ドライビングスクール...の用地です。
  姪浜自動車教習所の開設は昭和37年1月です。

左上のうっすらが飯盛山と思われます。

中央前方に五島山現在の姪浜中央公園で、その右前に国鉄筑肥線の「姪浜駅」があるはずです。
その右側には陥落池....現在の西区役所あたりです。

A2

2020年3月 9日 (月)

昭和8年の姪浜写真

愛宕山上西方から姪浜市街の昭和8年に撮影の写真です。

左端にはまだ整地はされていませんが姪浜自動車教習所...現在の姪浜ドライビングスクールの用地です。

その前の道路が明治通り、当時の路面電車道です。
当時はまだ人家も少ないので道路もはっきりと見ることができます。

左上遠くに長垂山・生の松原があります。

その右側の小さなこんもりが興徳寺がある興徳寺山です。

右端遠くに薄く今津の毘沙門天山、手前に小戸・中隈山....現在の小戸公園です。

小戸の手前に旧姪浜市街です。
市街地の小さなこんもりが姪浜住吉神社あたりです。
写真には写ってはいないですが左端には国鉄姪浜駅がありますので、その方向の道路に沿って小さな集落が伸びています。

市街地の手前のこんもりには探題塚があり、その左下には姪浜小用地です。
右中にはマリナタウンへの道路あたりです。

8a4

 

 

 

 

2020年3月 8日 (日)

愛宕山からみた姪浜市街の古い写真

愛宕山から見た姪浜の市街です。

昭和30年代の姪浜全景です。

左端に現在の姪浜ドライビングスクール
その上に五島山(別の呼び名では御塔山とも言っているようです。)現在の姪浜中央公園です。
その右下には国鉄筑肥線..現在のJR・地下鉄の姪浜駅です。
その上には飯盛山・高祖山.....右の海側の海岸沿い長垂山 そして生の松原です。

その右手前のこんもりは「興徳寺」がある興徳寺山です。
そしてその右に小戸公園・元寇防塁で、中隈山・現在の小戸公園です

遠くに今津の毘沙門山がうっすらと見えます。

右手前には、九州探題の最後の探題渋川氏戦死の埴安神社=探題塚があります。
 この小山は古くは光運寺山また現在でも存在する近くの寺院の万正寺からの万正寺山ともいわれていたようです。

その手前は現在では姪浜小です。

この場所近くに引かれた線は、明治通り元の市電の線になります。

30a1

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

最近の写真

  • 30_20200618154001
  • Img_20200202_105448
  • Img_20200208_103543
  • Img_20200208_103546
  • Img_20200514_103859
  • Img_20200514_103917
  • Img_20200514_104033
  • Img_20200514_104122
  • Img_20200514_104140
  • Img_20200514_104151
  • 2020521
  • Img_20200514_102701