フォト

12月5日姪浜愛宕神社の火渡り

  • Img_1666
    2012年12月5日に姪浜の愛宕神社で恒例の「火渡し」がありました。 その時の模様です。

2015年住吉神社の玉せせり祭

  • Img_0755_800x600
    2015年1月3日の住吉神社の「玉競り祭」です。

2016年の住吉神社玉せせり

  • Img_1253
    2016年1月3日姪浜住吉神社の玉せせりがありました。

愛宕山への道

  • 06120029meihama
    12月上旬に愛宕山に登った時の写真類です。

福岡西弓道場の紹介

  • 弓道場
    福岡西弓道クラブはその本拠を西体育館に置いているが、その道場の紹介です。
無料ブログはココログ

« 興徳寺 | トップページ | 興徳寺....その3です。 »

2020年5月24日 (日)

唐門と博多塀

唐門と博多塀について述べます。

 興徳寺には旧202号線沿いの敷地の境界(寺門に向かって右側)に博多塀と、
寺門に入り本堂の庭に入る所に唐門・博多塀があります。
Img_20200301_143946

 博多塀の説明です。

博多塀は豊臣秀吉が九州平定後に進めた博多町割り(当時の戦災復興)
の際に生まれた土塀です。
秀吉が行った九州平定の前には、この地商人の街は大友・毛利・島津たちの
九州制圧争奪戦に巻き込まれて見渡す限り焼け野原になりました。
秀吉の大陸出兵の物資補給基地として博多を重要視したのと地元の商人・町民
たちの思い・願いが相まって戦火・兵火で焼け残った石や瓦等を塗りこめた「土塀」を造った。神社や仏閣や豪商の屋敷に数多く築かれて「博多塀」と言われた。
現在では、他に櫛田神社・御供所町の聖福寺や妙楽寺に復元された
博多塀をみることができます。

Img_20200514_102610
Img_20200301_143904

 唐門の説明です。

 扁額のある寺門をくぐっておそらく住居部分=母屋だと思われる建物を
正面に左側に石畳を歩くと本堂・池のある庭に行くところに唐門と博多塀があります。
唐門とは、屋根に唐破風(からはふ)がついた門で鎌倉時代以降室町時代・桃山時代に、
社寺・鄭館などに広く用いられた、と言います。
唐破風とは、中央部が凸型に盛り上がり両端部を凹型の曲線状にした
破 風(屋根の妻側=三角側)を言う。

Img_20200301_144001
Img_20200514_102559

« 興徳寺 | トップページ | 興徳寺....その3です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 興徳寺 | トップページ | 興徳寺....その3です。 »

最近の写真

  • 30_20200618154001
  • Img_20200202_105448
  • Img_20200208_103543
  • Img_20200208_103546
  • Img_20200514_103859
  • Img_20200514_103917
  • Img_20200514_104033
  • Img_20200514_104122
  • Img_20200514_104140
  • Img_20200514_104151
  • 2020521
  • Img_20200514_102701