フォト

12月5日姪浜愛宕神社の火渡り

  • Img_1666
    2012年12月5日に姪浜の愛宕神社で恒例の「火渡し」がありました。 その時の模様です。

2015年住吉神社の玉せせり祭

  • Img_0755_800x600
    2015年1月3日の住吉神社の「玉競り祭」です。

2016年の住吉神社玉せせり

  • Img_1253
    2016年1月3日姪浜住吉神社の玉せせりがありました。

愛宕山への道

  • 06120029meihama
    12月上旬に愛宕山に登った時の写真類です。

福岡西弓道場の紹介

  • 弓道場
    福岡西弓道クラブはその本拠を西体育館に置いているが、その道場の紹介です。
無料ブログはココログ

2019年4月12日 (金)

舞鶴公園の花見 !!

331()に舞鶴公園の桜花見に行ってきました。

満開ごろと聞いていたのですがまだまだでしたネ。

 

地下鉄で約10分超、大濠公園駅下車し陸上に上がった目の前に福岡城跡です。

 

この福岡城は黒田藩52万石.....明治維新時は47万石らしいのですが、かのNHK大河ドラマでもあった軍師官兵衛の息子長政が関ヶ原の合戦の働きにより家康から拝領して慶長6(1601)から黒田藩12代まで約270年間にわたり居城としていた城です。

城ですから当然のごとく天守閣あり本丸・二の丸・三の丸御殿とあり配置は博多湾からの攻撃に備えての造りのようにみえます。

お堀は明治通り側、大濠池そして護国神社前にもわずか残っているのですが、文献によると大濠池は現在の倍ほどあって、現在では埋め立てられてしまっているのですが赤坂・天神そして那珂川迄延びていたとの事です。

矢張り広大な堀と城構えであったようです。

 

 この福岡城は、明治維新後に数年の間は県庁として使用してその後は昭和20(1943)の終戦まで西部方面司令部・歩兵第124連隊(明治19年~昭和12年は第24連隊)という軍事施設がおかれていたようです。

 

終戦の直前の619日から20日の真夜中に福岡大空襲がありこの施設も被害を受けて特に黒田藩の文献が焼失してしまいました。

それらの文献が焼失してしまったこともあってお城の天守閣の基礎はあるもののその造りも不明だし天守閣そのものがあったかどうかも現在では不明・謎のようです。

諸説の中には、大阪城天守の改築の際に黒田藩も受け持っていたようですがその時に移築したのではないかとのものがあります。

また、歴代の藩主の中には幕府から睨まれていた時代もあって取り潰しを恐れて黒田藩の身の潔白を証するために天守閣を潰したのかもしれないという憶測もあります。

いずれにしても福岡大空襲で黒田家の文献が焼失した今となっては想像でしかありません。

基礎と土台から推測して五層(四層の説あり)の天守だったのではないかとの説が有力のようです。

その天守台に登ってみました。

天守台からは四方の福岡市内が展望できましたが、これに天守閣があってその五階上から眺めたらもっとすごいのではないでしょうか!!

なぜかしら天守台のお客の3分の2は日本語でない人々の声が飛び交っていました。

天守台下の本丸跡です。

Img_20190331_101358_1

天守台から西北を望む。
大濠が見えてその先にドームがあります。

Img_20190331_101253

天守台から本丸跡の桜群です。
右側が天神方面です。

Img_20190331_101159

 

 

2018年12月 9日 (日)

地区の餅つき大会!!

12月は9日の日曜日.....中旬に入るとあっという間に平成最後の正月を迎えますが、

早々に地区の餅つき大会があったのを見つけたので様子をみてきました。
JR筑肥線高架下にある地区集会場とその庭での餅つき大会は、子供会も参加で親子連れ多数.....参加の皆さん和気あいあい賑わって楽しい雰囲気での集まりです。
同じマンションの方の顔もあり....そういえばマンション掲示板に案内ポスターを貼っていたのを思い出しました。
杵つき回りでは既に子供たちはつきたて餅を頬ばっていますが、話によるとつきたて餅を一人住まいの高齢者に差し入れされるとの事でした。
そのうちに自分たちもお世話になるのかも.......。
餅つきの様子をアップします。
 

Img_20181209_101956

Img_20181209_102243

 

Img_20181209_102243_2

Img_20181209_102256

Img_20181209_102601

Img_20181209_102613

Img_20181209_102613_5

Img_20181209_102659

Img_20181209_102707

2018年11月15日 (木)

2018年福岡マラソン

1111()に福岡マラソンがありました。

2014年に始まって今年で5回目になります。それまでは(1989年~2012)シティマラソン福岡のハーフマラソンでしたが2014年にフルマラソンとしてスタートしました。

今回の参加者は約13000人にもなりますが、これまでの参加者だと主催者側だけの力では対応できずに一般は勿論学生までのボランティアの協力が欠かせません。

 

  福岡市・糸島市・陸協 主催

 

福岡市中央区天神交差点付近をスタートして、博多湾海岸通りの那の津通り・よかトピア通り・マリナ通りそして旧唐津街道を通り今宿交差点付近から右折して海岸線(県道福岡志摩線)そして九州大学伊都キャンパス構内にて折り返し、海釣り公園の前を通り糸島市に入る。

さらに二見ケ浦を通り糸島市志摩庁舎=糸島市交流プラザが終点のフルマラソンコースです。

 

糸島はその時代は怡土の国….ゴール地点の当時はまだ海であったと想像します。

古代までになると更に海岸線は内陸に現在の「福岡前原道路」あたりだと聞いています。

 

スタートして10K当たり近くに住んでいるので小戸公園の南の小戸交差点に応援に出向きました。

このたありではランナーさんマダマダ元気があるようで、衣装を含めてイロイロとランよりパフォーマンスを発揮していました。

中にはランナーの方から私たち観客を励ます(?!!)威勢のよい強者もいましたが、この先30㌔あたりになるとその余裕が残っているだろうかとの心配は余計なお世話かな!!

先頭集団
 

Img_0003

 

Img_0004

楽しいランナーを紹介します。
 

Img_0009

0009

重装備??!!

Img_0012

0012

 

Img_0010

0010

 

幼稚園生??!!

Img_0013

0013

八女代表選手??
この後に3-4人いましたっけ。

Img_0014


0014

その2に続きます。


2018年10月12日 (金)

体育の日の小戸公園!!!!!? その1

10月8日(月)の体育の日台風25号も過ぎ絶好の行楽日です。

陽射しは若干暑いもののかげに行くと秋風がひんやりと家族ずれの親子や焼き肉バイキングのやテントを張った日帰り家族などアチコチ一杯です。
小戸公園をご紹介します。
公園の入口です。

Img_20181008_1335084

 

Img_20181008_13350835

小戸公園に入ってすぐに左側に小さな入り江砂浜があります。
左側前方に岬というか小山が見えますがその手前下は神話にある神功皇后ゆかりの御膳立があったと言われています。

Img_2016030735

 

 次は昭和30年(1955年)頃の写真でここの砂浜は「小戸海岸片男波」とも言われていました。
現地にいって直接みれば分かると思いますが、普通の海岸の波は「寄せては返す波」があたり前なのに、ここの波はただ寄せるだけ.......それも小波なので表現的には「片女波」が正しいのかも!!
     (これ男女差別?!!)

220181035

その2です。

20181060

反対側の松林の中ではグループや家族連れで楽しむバーベキュー連中が煙モウモウと焼き肉などのよい匂いをまき散らしていました。
この方々は入口には管理者がいて使用許可(有料)もあり管理もマナーも良く後片付けも良いのですが、時々夜中に勝手に忍び込み遊ぶ連中がそのまま放置することがあるので、朝のボランティアでの片付けの方々は大変なようです。

「神様はみていますよ!!」

その先の山手の方に「小戸大明神社」があります。
いわゆる小戸神社です。
今回は入口だけ!!

Img_20181008_13382030
 

Img_20181008_13382830

現在は社殿回りも鬱蒼と木々が大きく取り巻いていますが、昭和30年ごろの有様です。
中腹にある社殿は木々も少なく浮き上がって見えますが、そのころからすると現在は小戸山自体が全体的に木々が茂っています。
前方左に御膳立の小山その右が妙見岬さらに右前方を遠望すると能古島です。
入り江には建物がありますが、旧早良炭鉱の社屋だったのでしょうか、現在は建物の跡形もありません。
ただ、干潮になるとこの建物があった前の小岩場にその後形がわずかに残っているのがみられます。

20181030

 
小戸公園北側の公園広場に行く手前の海岸です。
前方に能古島が右に砲台跡の小山があります。
 

Img_20181008_13414730

前方に能古島、右が小戸公園広場になります。

Img_20181008_13415830

ここの広場は昔は岩場の浜辺でした。
ここの小広場ではバスケットやソフトボールの練習風景がよく目につきます。

Img_20181008_13565030

昔の写真です。
右が砲台跡小山で前方に能古島が見えます。
砲台跡は手前下からの撮影なので絶壁に見えますネ。

201810

その後の写真か?!!

20181035

更にその後の写真です。
先の方に第二ボタ山が見えます。

20181080

 次回その2に続きます。

2018年6月25日 (月)

現在の太閤道....その1

博多からの太閤道を想定して現在をたどってみました。

   (樋井川を渡ったところから!!)

Photo_2

樋井川を臨んで。

現在では陸と川底には段差がありますが、当時はほとんどなかったと思います。

0023550

対岸の住宅地を臨む。

0013550

樋井川を渡り、この道を一路名護屋城に向かったと思います。

0033550

当時は田圃のあぜ道か、現在は住宅地の狭い路地を。

0053550

同じ場所ではないですが数十年前の様子です。

11

0083550

入り込んだ住宅街を抜けて大通り=城南学園通りに出ます。
前方に「城南学園通り」、左に筑肥新道の西鉄平尾方面で、右に細い道(旧幹線?)で今宿新道(202号線)に出ます。

0093550

城南学園通りを渡り東側を臨んで。
右側が福大、左が中村学園・城南区役所、真っすぐが筑肥新道・西鉄平尾方面。

0123550

同じ場所から左を臨む。

0143550

同じく右側を臨む

0133550

この地から西に進みます。
坂道を少々登りながら。

0173550

数十年前の様子です。

12

現在の城南中前に行くまでの様子です。

0183550

0193550

0203550

城南中前の様子です。
数十年前...。
前方に見える森は「七隈緑地」で、現在も外観は変わらないようです。

1

同じような場所から。
左の城南中の前方の坂道の手前を道路右下に回り込むように小川があります。
これが七隈川です。

0243550

この小川(七隈川)は振り返って今度は左折して北上し最終的には樋井川に流れ込んでいます。

0233550

同じ場所から、右が七隈川で左が城南中の校門になります。

0253550

城南中の現在の校門です。

0263550

七隈緑地の高台に上がる前、南に延びる七隈川を見ました。
左道路の左側一帯が城南中になります。

0283550

七隈緑地の坂道を登りきって振り返ったところです。
前方の右が「城南中」になります。

0303550

下は数十年前の古い写真です。
前方に手書きで「城南中」手前は当時の幹線道路、左に「つるかめ」ここが「逢坂」右に「野芥」と読めます。

「つるかめ」というのは現在では左の数百メートル先に「(有)ツルカメ漢方本店」というのがあります。当時の目印店舗だったのでしょうか!!

1_2

同じ場所から西に向かって撮ってみました。

0313550

同じ場所での数十年前の写真です。

16


2018年6月14日 (木)

福岡太閤道の新旧比較!!

太閤道の新旧企画をしてみます。

1、東側.....六本松から原あたりまで(東側)
 古い手書き地図

001

現在の地図

201869_2

2、原から西区の十郎川あたりまで(西側)
古い手書き地図

002

現在の地図(東西合作)

20186

3、現在の太閤道の合作地図(より拡大)

201869_3

福岡市中央から(更に拡大)201869_4

2018年6月 8日 (金)

太閤道   その3

太閤道の原交差点から西に橋本までは以下の通りです。

002

①の写真  現在の原小学校東の太閤道から現202号線に出たところ。
現在でも写真の「はり灸病院」があります。
ここから原四つ角までの太閤道は全く202号線に吸収されて旧道の原形はありません。

21_3

 ③の写真   ........... 原四つ角とある。
    四つ角の東側から西方=室見川方面を臨む。
    右が202号線バイパスで左が太閤道の西福岡中方面。

23_3

 
 ②の写真   ............ 原四つ角   
          手書き地図の明治通り早良口方面の道路が無い、
           道路整備前と思われるが写真では判読できず。
           写真は説明通り原四つ角で撮影したもので、右側が202号バイパスの原方面でバスが停車しているところが藤崎方面からの旧道か?

22_3

④の写真   ........  現在もある西福岡中の北側を通る太閤道

24_3

⑤の写真   ......... 室見川の手前の約100~150mの小田部四丁目から福重橋へ

25_2

⑥の写真   ........  室見川にかかる福重橋の小田部側

   向こう側に見えるは福重団地   架かる橋は202号バイパス(今宿新道)小田部大橋

26_2

⑦の写真    .......  右が姪浜駅へ、直進が拾六町方面 左が橋本へ

27_2

⑧の写真   .........  拾六町への一本道  現在の西体育館を過ぎたあたりか?

                      遠く左側から飯盛山次に叶岳そして長垂山と続きます。

28_2

2018年3月 6日 (火)

愛宕神社...その2

3月初めに配布された愛宕神社の広告紙をアップします。

2018330

2018年1月 6日 (土)

愛宕山に登る!!

1月4日(木)に愛宕山に登る.....と言っても登山ではなくて神社初詣....登り口は全部4か所あって南西側の旧唐津街道の方にある参道入口から登った。

この神社入口の鳥居の横に「蛇岩」という岩肌が波に削り作られて出来たものがあります。
遠き昔はここ迄海水があったという証拠です。
 
参道入口

Img_214435

海水波の構造物の蛇岩です。

Img_214535

参道途中にある観音寺です。

Img_214935

 
このお寺はもともとは愛宕神社の方にありました。
この愛宕山はもともとは「鷲尾山」と言われていて「鷲尾神社」がありその中に当寺がありました。
黒田藩のころ「愛宕神社」を開創しましたが、明治に至り法により神仏を分ける時に当寺に移ったとされています。

Img_215035

正月疲れでの石段は少々きつい感じ、近くのクラブの生徒・子供がトレーニングで使われている場所でもあります。

Img_215135

本鳥居です。
元日等はこの場所よりも更に後方にかけて数十メートルも行列になっています。
本日はゆっくりとお参りできそうです。
  (デモ元日よりもご利益が減っているのかな?....神様はそのような不平等なことはスマイと信じて最後の頑張りです。)
 

Img_215235

最後の階段です。

Img_215335

本殿です。

Img_215435

境内から北東の方向に都市高速その先に百道.....福岡タワーがありシーホーク.....最近はマンションが立ち並びヤフオクドームがカベになって見えません。
7-8年前まではドームもはっきり見えていたのですが。
 
 

Img_215835

 
更に東に目を転ずれば天神方向です。

Img_215935

 
眼下はもともとは海で、その後は早良炭鉱のボタ山....現在は愛宕浜団地です。
遠望すれば橋で繋がって車で行ける左が志賀島....右が海の中道です。

Img_216135

2018年1月 4日 (木)

平成30年の玉競祭(たませせりさい)

玉せせり!!

 

姪浜住吉神社の玉せせりを見に行きました。
 
旧唐津街道にある神社の毎年正月3日にある年中行事です。
「御玉」に触るとその年は無病息災・大漁・商売繁盛がかなえられると言われています。
 
姪浜漁港(旧?)近くの事代神社での神事のあと、締め込み姿の男衆の玉の争奪戦が当地から街中をそして住吉神社まで30分ほど繰り広げられます。
途中の人家からの力水を浴びながら「オイサッオイサッ」の掛け声で競り歩きます。
 
神社に入ると奉納するまでにも競り合いが続き、最後の壇上の男衆との渡す渡さないの争奪もみものです。
奉納するために取り上げようとする壇上の男衆は抱えて離さない腕を振りほどき、できるだけ渡すまいとする下の男衆との争奪・せめぎあいは最後のクライマツクスではないでしょうか。
 
壇上に上がった「御玉」は無事奉納されて、「祝いめでた」を観客を含め全員で謡ってバンザイで無事終了です。
 
飾られた神社

Img_208235

 

Img_208335

境内での最後の競り合い
 

Img_208635

取り上げ開始!!
必死に奪い取ろうとしています。

Img_211035

覗いた!!
一気に上がるのかと思ったのですが.....。

Img_211535

ちょっと上がった!!

Img_211735

また戻された!!
せっかく上がりかけたのに.....!!

Img_212235

今度はどうにかあがりそう!!

Img_213435

ようやくどうにか、上がったヨ!
  !アッパレあっぱれ!!
「それっ御玉じゃなくって俺の鼻!!....イテテッ」

Img_213535

手をふりほどき!!

モウだめだめ、アキラメロよ!!

Img_213635

祝いめでたの大合唱!!

Img_2139

最近の写真

  • 30_20200618154001
  • Img_20200202_105448
  • Img_20200208_103543
  • Img_20200208_103546
  • Img_20200514_103859
  • Img_20200514_103917
  • Img_20200514_104033
  • Img_20200514_104122
  • Img_20200514_104140
  • Img_20200514_104151
  • 2020521
  • Img_20200514_102701