2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

元寇防塁

  • 史跡塔
    博多湾沿いに広がる元寇防塁の写真集です。

愛宕山への道

  • 06120029meihama
    12月上旬に愛宕山に登った時の写真類です。

12月5日姪浜愛宕神社の火渡り

  • Img_1666
    2012年12月5日に姪浜の愛宕神社で恒例の「火渡し」がありました。 その時の模様です。

福岡西弓道場の紹介

  • 弓道場
    福岡西弓道クラブはその本拠を西体育館に置いているが、その道場の紹介です。

時計

« テニスの基本②バックハンドストローク | トップページ | テニスの基本④スマッシュ »

テニスの基本③ボレー

ボレーの説明です。

フォアハンドボレー  
急に虫とか蚊が目の前に現れて、それをパッと手で払う、なんてことあると思いますが、その手の延長がラケットで、それでボールを相手コートに追い払えば良い、と書かれています。一種のハエたたきと思います。
NHKテレビのテニス教室でもありましたが、素手でのボール遊び、相手コートの友達にボールを投げてもらって、右手でつかむ、そのときに右手を硬直させて伸ばして取ることもなければ、目をとじてしまうこともなく、体の後ろのほうで取ることもないはずです。
簡単にボールをつかむことが出来るはずだし、それがボレーである、と書かれています。

○ ボレーのグリップは、ほとんどのプロ選手はフォアハンドグリップと同じ、と言われています。ボレーは相手との距離が近いのでグリップを握りかえる時間がないから、と言われています。ラケットを地面に立てて置いて、それを上から握る感じ。
○ ボレーは、バックウィングはないし体を捻る必要もありません。上述のようにボールを手で掴んだ位置へボールが、相手コートの入りそうな面を早く作ってボールをとらえ、そのまま左足(右利きの人)を一歩ネット側へ踏み込む。踏み込んだ足が「ドン」と音を立てるぐらいが良い、と言われています。
○ そしてボールをヒットする時、ラケットは自分の体が前に出る為、ほんの3~40センチ前方に移動する感じです。その一瞬に「ハッ」と息を吐くと、ボレーにパンチ力が加わる、と言われます。
○ ボレーは90%スライス(カット打ち)させます。そうすると、相手コートで低くすべり、相手が打ちにくいボールになっています。
*ポイント  
 △長いスゥイングでバカ打ちせず、短い鋭いスゥイングで。
  △相手側からくるボールが低いときは、低い姿勢でラケット面の後ろ側からボールを見るような感じで。
 △ラケットと手首はL字型になるよ!!

バックハンドボレー  要領はフォアハンドボレーと同じで、左手で面を作ることが出来るので安定しやすい、と言われているようですが、ご存知の通り一般的には難しいものですね。 
フォアハンドボレーも同じですが、バックハンドボレーのときラケットと手首の角度に留意すること、とあります。
この角度がなくなってしまうと、ボールの方向をコントロールすることがとても難しくなる、と書かれています。
この手首とラケットの角度をもっと具体的に表現すると、ちょうど金づちで釘を打つときに、少し手首を上に曲げる、その時の手首の角度のまま、誰かにひじ鉄を食らわせる漢字で、ひじをぐっと前方に出す、とのことです。
胸を張って、右手でボールを打つとき、左手はぱっと左耳の上辺りに広げて、バランスをとるようにすれば、力強いボールが打てる、と書いています。

« テニスの基本②バックハンドストローク | トップページ | テニスの基本④スマッシュ »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157326/10373611

この記事へのトラックバック一覧です: テニスの基本③ボレー:

« テニスの基本②バックハンドストローク | トップページ | テニスの基本④スマッシュ »