2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

元寇防塁

  • 史跡塔
    博多湾沿いに広がる元寇防塁の写真集です。

愛宕山への道

  • 06120029meihama
    12月上旬に愛宕山に登った時の写真類です。

12月5日姪浜愛宕神社の火渡り

  • Img_1666
    2012年12月5日に姪浜の愛宕神社で恒例の「火渡し」がありました。 その時の模様です。

福岡西弓道場の紹介

  • 弓道場
    福岡西弓道クラブはその本拠を西体育館に置いているが、その道場の紹介です。

時計

« テニスの基本①ラケット | トップページ | テニスの基本③ボレー »

テニスの基本②バックハンドストローク

バックハンドストロークの説明です。

 バックハンドと言うのは、ご存知の通り自分の利き腕と反対側にきたボールを打つショツトですね。バックハンドのグリップは、左手で打点のところにラケットを持っていって、それを右手で握ったのが「バックハンドグリップ」と言われています。

バックハンドのコツは、右手に持ちながらも主は左手でラケットを持っておいて、右手に力をいれないように、そして、バツクスイングは左手でする、そして、ラケットを前方に振り出すときに、初めて右手の握りを締めて打つ、とのことです。

ラケットは、打点よりも相当低い位置にバツクスイングし、上記のバックハンドグリップで述べた、左手でボールを捕らえ、そして打とうと思う方向へ思い切り一気に振りぬく、とあります。(往々にして問題になるのが「振りぬき方」の不足ですね。)

力強く安定したスウィングの為には、バックウィングのときに、右肩越しにボールを見るような感じでラケットを引いておいて、思い切り斜め上前方にスゥイングするのが、スムーズに行く、とのことです。ナカナカ出来ませんが。

 以下、バックハンドストロークの打ち方手順です。

     構えの姿勢

正面を向いてひざを軽く曲げ、爪先立ち、全景姿勢、ラケットは左手でラケットの首の部分を持ち右手はグリップに触れている程度。

     バツクスウィング

両肩の線を捻ってラケットを打ち出せる状態に。左手でラケットを操作し、右手はグリップにふれているだけ。

     ヒット

打点は、手の甲で何か重いものを押そうとするときに、一番力がはいりやすい位置。

     フォロースロー

打とうと思う方向、そして上のほうに向けて思い切り振りぬく。

*バックハンドストロークがうまくいかないときは!!

  体重が上に逃げてない!!(体が上に伸びきっていない?)

打ち終わったときも、必ず膝が曲がった状態で終わっているかな?

     打ちながら体の中心がぐらついていない?

ボールをヒットした打点のところに一瞬、目を残すようにしてから、自分の打ったボールを追う、とあります。

 ゴルフでも同じですね、「ヘッドアップ」にならないように、との事ですね。

« テニスの基本①ラケット | トップページ | テニスの基本③ボレー »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157326/10373592

この記事へのトラックバック一覧です: テニスの基本②バックハンドストローク:

« テニスの基本①ラケット | トップページ | テニスの基本③ボレー »